脱毛について

数年前までワキのムダ毛を自己処理していました。お風呂でカミソリで剃ったり、お風呂上りに毛抜きで抜いたりしていましたが、時間と手間の無駄だけでなく処理したところが黒くなってきて、毛も黒く太くなってきました。夏に水着やノースリーブを着ることはできませんでした。

脱毛サロンに行ってみようかと考えましたが、しつこい勧誘があってワキだけでなく腕や足も契約させられてた多額のお金がかかるんだろうなと思ってなかなか通えずにいました。そんな時、友達の紹介で通った脱毛サロンはしつこい勧誘などなくワキの脱毛を2年コースで格安の19000円で施術してもらえるとのことでした。体験に行ってここなら安心して通えるだろうと思ったので、思い切って2年コースを契約しました。1か月半に1回通い、1回の施術時間は15分ほど、施術当日はシャワーのみ、少し痛みはありましたが、通うこと自体は全くストレスを感じませんでした。

通い始めて半年ほどたったとき、だんだんとワキがキレイになってきているのが目に見えて分かりました。2年間のコースがすべて終了したときはつるつるになってちょうど夏の季節だったので水着もノースリーブも自信を持って着ることができました。

現在、サロンに通い終わって5年たちますがワキのムダ毛は全くと言っていいほど生えてきていません。もしかしたら毛が生えてくるスピードが遅くなってきているだけかもしれないと心配していましたが、生えてくる気配もありません。ごくごくたまに薄い毛が生えてきますが、毛抜きで抜くだけで処理終わりです。あのまま自己処理を続けずに思い切って脱毛サロンに通って本当によかったと思っています。

脱毛を八王子でお考えの方へ
脱毛八王子

Read more

脱毛の歴史は、実は案外と古いです。日本でも、かなり昔からそれが行われていたのですね。

古くは平安時代にさかのぼります。当時は、いわゆる毛抜きによって脱毛を行っていたので、少々不衛生な一面がありました。

そして江戸時代になると、その脱毛がだんだんと活発になってきます。当時は、主に2つの職業の方々が脱毛を行う事が多かったのですね。

まず遊郭でお勤めの方々です。そこで勤めるとなると、いわゆる身だしなみなどに気を使う必要がありました。当時の遊郭でお勤めの女性の方々は、線香で脱毛を行うケースが多かったのですね。毛抜きは衛生に関するリスクがあるので、むしろ線香脱毛の方が良いと思われていた訳です。

現在でも、その線香による脱毛を行っている方が、たまに見られます。かなり根気が要る作業ですが、ある意味合理的な方法だと個人的には思います。

それともう1つの職業が、武士の方々ですね。その職業の方々としても、やはり身だしなみなどに色々と気を使う必要がありました。

武士としては、様々な礼儀を心がける必要があったのです。身だしなみもその一環だったので、やはり上記の遊郭でお勤めの女性と同じく、線香で脱毛を行う武家の方々が多かったと言われています。

江戸時代では、このように意外と脱毛が盛んだったのですね。ただ線香を使う以上は、やはり大変だったと思います。体の隅々まで線香でムダ毛の処理をするのは、相当多くの時間がかかっていたでしょう。

それに比べれば現在ではレーザー機器もあるので、随分便利になったと思います。

Read more

ムダ毛のないツルツルすべすべの肌は女性にとって永遠の憧れですよね。現在は、一昔前と違って、サロンなどでの脱毛もずいぶん安くできるようになってきました。

今から20年くらい前は、脱毛というと、ムダ毛が生えている毛穴に、極細のハリを刺し、中で熱を出してもう二度と毛が生えてこないように、毛穴の中を焼いてしまうというやり方が主流でした。

「え?針を刺す?痛いんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんね。はい、その通りなんです。針を刺したり、中を焼いたりするときのチクンとした痛み、もちろんあるんです。しかも、この方法、痛いだけではなくて、時間と費用もかなり掛かったそうです。何せ、ムダ毛一本一本を処理していくのですから、ワキだけならまだしも、腕や足なども脱毛しようとかなり時間がかかるわけです。

そして、時間がかかる分だけ、費用ももちろん掛かります。今のように「両ワキで3000円!」なんてことはありえません。私の友人で、この針で焼き切る脱毛をしていた子がいましたが、当時の金額で50万円位一括払いで支払ったと言っていました。でも、これだけではなく、施術の際に必要な針が、ちょくちょくダメになるらしいのですが、これを新しいものに変えるときには、そのたびにかなりのお金を支払うことになっていたと言います。

高額なお金、時間、痛み…。これだけ聞くと、何がいいのかなと思ってしまいますが、この針を用いた方法の最大のメリットは、きちんと焼き切ったところにはもう二度を毛が生えないこと。つまり正真正銘の永久脱毛なのです。

今、普通に行われている、レーザー脱毛は、「永久脱毛」とうたわれていても、基本的にはまた毛が再生してしまいます。完全な永久脱毛を志すなら、昔の針で焼き切る脱毛がやはり有効なようです。

Read more

7私は現在、クリニックにて脱毛を受けています。10回目を超えたところなのでムダ毛もだいぶ減り、施術と施術の間を空ける期間もだいぶ長くなりました。状況が落ち着いたので、私の脱毛体験についておはなししたいと思います。

私が施術を受けている箇所は、ひざ下(ひざ周り含む)、ひじ下、わき、VIOです。最初はひざ下とひじ下だけだったのですが、対応が良かったのと、キャンペーン価格で受けることができたのもあり、わきとVIOも追加しました。

脱毛初回は、どの部位も結構痛かったです。特にひざとVIOはムダ毛が濃いので、バチバチと音がして、毛の焼ける匂いも強かったように思います。10回目を超えた今も、たまに痛い時があります。うでやワキは元々そんなに濃くはなかったので、現在はほとんど痛みなく施術を受けています。痛いといっても輪ゴムではじかれる程度の刺激なので、反射的に身体が動いたり、我慢できないほどではありません。

脱毛後は、4日ほどで毛が抜け落ちてきます。勝手に抜けるまで毛の処理をしてはいけませんが、クリニックの人は、気になるのであれば指で軽く引っ張って見て、簡単に抜けるものは抜いてしまって良いですよと言っていました。特にVIOは毛が太いので抜きがいがあり、毎回ちょっとした楽しみになっています。毛が抜け落ちるまでは剃り残しのようで汚いですが、それを乗り越えると本当にすべすべできれいな肌になります。
藤沢にもたくさん脱毛サロンがありますが、ぜひこのサイトであなたにあった脱毛サロンを見つけてください!
藤沢で脱毛サロンを探す

Read more

私は社会人になったら、脱毛をしたいなという希望を持っていました。その場所は腋です。それまではカミソリと毛抜きの処理で行ってきていたために、脇の黒ずみは気になっていましたし、一つ一つの毛穴が広がって目立つような印象を持っていました。なにより、ムダ毛が生えていることを気にするのが嫌でしたね。夏になるとわき毛があるとワキガなどの臭いの原因になるし、服も露出が高い服装になるので、腋が黒ずんでいたら、思い切って腋を出すような洋服は着ることができません。それらを解消するために脱毛をしたかったのです。

8私が訪れたのは地元のサロンです。そこでは大体10回程度で永久脱毛ができるということだったのですが、実際に通ってやってみると、永久…ということにはなりませんでした。ムダ毛の発毛サイクルもあるので、抜いた後しばらくははえてきません。しかし、しばらくするとところどころ生えてきたりするのです。そのために、費用をかけて行ったのですが、永久脱毛には至りませんでした。そして私がチャレンジしたのは、医療脱毛です。私は医療機関に予約をしてニードル脱毛というのを行いました。これは結構効果のある方法としてほかの友人からも聞いたことがあったので、受けてみたいと思っていました。実際に病院でやってもらうと、本当に毛が生えてこない。見事に永久脱毛に成功したのです。これならはじめからサロンに行かず、病院に来た方がよかったなあと思ってしまいました。

ちなみに私は立川の脱毛をこちらで探しました。

立川脱毛はこちら

Read more